FC2ブログ

Entries

原田マハさんの本

3冊続けて読んで、どの作品も人に紹介したいと思いました。
2019年は、あと何冊原田マハさんの本を読むことになるだろう。
すっかりファンになってしまいました。

『楽園のカンヴァス』
アンリ・ルソーの絵に潜む謎をめぐってのミステリー。
いろいろな読み方ができる本。
創作の部分はルソーの伝記とも読めるし、
全体を通してみると恋愛小説とも読めるかもしれません。
ルソーとピカソの接点も巧みに描かれていておもしろいです。
作中に実在する絵が多数出てくるのですが、美術館に行きたい気分になります。


『風のマジム』
実話をもとにした、沖縄でラム酒の製造会社を立ち上げる女性の話。
沖縄産アグリコールラムを飲みたくなりました。
信念をもって自分の道を切り拓くマジムと、彼女を支える周りの人々が本当にすてきです。
特におばあ。


『本日は、お日柄もよく』
人の心を動かすスピーチライターの話。
言葉がもつ力、言葉の可能性について考えさられます。
いい言葉にたくさん出会える本。
さらに、聴衆に感動を与えるスピーチには、技術があることもよくわかります。
この小説にも魅力的な人物が多数登場します。


原田マハさんの本
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gtyt.blog91.fc2.com/tb.php/1048-8f464b1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yoichi Tomaru

Author:Yoichi Tomaru
小学校の教員です。

「読むこと」「書くこと」の効果的な教え方・学び方
リーディング・ワークショップ(読書家の時間)
ライティング・ワークショップ(作家の時間)
などに関心があります。

プロフィール詳細

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブクログ

Twitter

 

カウンター